リフトアップ 化粧品 プチプラ

プチプラ化粧品はたるみのリフトアップに効果ある?

私たちの周りには、様々な価格帯の化粧品がありますよね。

 

その中で、1000円〜3000円程度で気軽に購入できる化粧品が「プチプラ化粧品」と呼ばれています。

 

そんなプチプラ化粧品、安いから効果も薄い…?というわけではなく、人によってはお肌の状態が良くなったりすることもあるようです。ですが、プチプラ化粧品にはたるみのリフトアップ効果まで期待できるのでしょうか?

 

ここでは、プチプラ化粧品と高級化粧品の違いや、プチプラ化粧品の「たるみ」への効果などを考えていきたいと思います。

プチプラ化粧品と高級化粧品の違いはこれ!

一般的に、たるみへの効果が高いと言われる化粧品にはたるみをリフトアップさせる成分や、保湿力の高い成分、また、肌への浸透力を高めた成分が配合されていることが多いです。これらの成分は独自の技術や製法で作られるのでその分価格が高くなってしまうんですね。

 

その反対に、プチプラ化粧品は広く使用されている安価な成分で構成されているので価格が抑えられるのです。

 

そのため、やはり、プチプラ化粧品は「たるみ改善効果」の面では劣ってしまうという印象を受けます。

 

その理由としては、プチプラ化粧品ではたるみの原因である『肌の弾力低下』を改善したり、肌の奥まで浸透して乾燥を改善することは難しいから

 

ただ、プチプラ化粧品は安価な成分を使っているとは言っても、肌に悪いものではありません。そのため気前よく使うことで肌を保湿してスキンケア効果を得るといった使い方は充分にできるでしょう。

 

しかし、結局のところ「たるみ」は保湿だけでは改善されないことも多いため、プチプラ化粧品だけでリフトアップさせようとするのは少し不安があるな…とは思います。

こんな方にはプチプラ化粧品でもOK!?こんなたるみは保湿で改善しよう

前述のように、プチプラ化粧品には高いリフトアップ効果はなくとも、「保湿効果」を期待することは充分にできます。

 

そのため、角質層の乾燥による弾力低下が原因の「初期のたるみ」ならプチプラ化粧品でもリフトアップすることができるかもしれません。

 

例えば、10代、20代の方で乾燥によって少しだけたるみが気になる方や、朝・日中にさらっと保湿するにはプチプラ化粧品でも良いかもしれませんね。

 

その時には、ケチらずたっぷり使うことで保湿効果を高め、角質層を潤おすようにしましょう。

しっかりリフトアップしたいときは高級化粧品も検討して

以上見てきたように、プチプラ化粧品は年齢やたるみの状態、使用シーンなどを考慮して上手に活用すると良さそうです。そうすればたるみのリフトアップのアシスト効果を得ることができるかもしれませんね。

 

逆に、保湿だけでなく、皮膚のコラーゲン量アップなどの本質的なリフトアップケアを行っていきたい場合は、やはりプチプラ化粧品だけに頼らずそれが可能な成分が含まれている化粧品に投資していくのがおすすめと言えそうです。

 

 

\本当にリフトアップ効果を得たい人のための!/
リフトアップ化粧品ランキングに戻る!