リフトアップ 化粧品 たるみ

瞼のたるみのリフトアップ効果が期待できる化粧品はどんなの?

瞼がたるんでくると、眠いような疲れたような、生き生きとした若々しさとは縁遠い顔になってしまいますね。

 

どんな化粧品を使うと瞼のたるみをリフトアップする効果が期待できるのか、詳しくご紹介します。

瞼のたるみケアは低刺激かつリフトアップ効果のある化粧品で!

瞼のたるみを化粧品でケアするためには、2つのポイントをクリアしたものを選ぶのがおすすめです。

 

まず一つ目は、瞼のハリケアができる先進のリフトアップ成分が配合されていること。まぶたのたるみは皮膚のゆるみや筋肉の衰えが原因なので、保湿ケアだけでは充分なリフトアップ効果は期待できないんです。

 

二つ目は、低刺激であること。瞼の皮膚は薄いため、刺激の強い成分はNG!肌を優しく保湿しながらリフトアップ効果を補助できる化粧品を選びましょう。

例えば、こんな成分入りのリフトアップ化粧品がおすすめです

では、具体的に瞼のたるみをリフトアップするためには、どんな成分配合の化粧品がおすすめでしょうか?リフトアップ効果や刺激の低さでおすすめの成分をいくつかご紹介します。

プロテオグリカン

保水力が高く、肌のハリを高めてリフトアップしてくれる成分です。プロテオグリカンには肌の新陳代謝を高めて真皮の再構成を促す(コラーゲンの生成を助ける)機能があり、リフトアップケアの最先端成分と言われています。

 

目元美容液としても最近人気が高まっているトワエッセにもプロテオグリカンが含まれています。

シンエイク

「塗るボトックス」とも呼ばれる成分で、塗ることで肌を引き締めてリフトアップ効果を与えてくれます。化粧品に配合される際は「ジ酢酸ジペプチドジアミノブチルベンジルアミド」と表記されます。目元ケア成分として注目されている先進の美容成分です。

アルジルリン

シンエイクと同様、「塗るボトックス」として知られる美容成分です。表情筋の緊張を緩和し、瞼のシワやたるみを改善します。

 

シンエイクやアルジルリンなどは、比較的安価に手に入るものもあり、選択肢がいろいろ広がってきているのがありがたいですね◎

瞼のリフトアップ化粧品には入っていてほしくない成分?

逆に、デリケートなまぶたの皮膚だからこそ避けたい成分というのもあります。

 

防腐剤無添加、鉱物油不使用、香料不使用などのような、添加物の少ない化粧品を選ぶことで皮膚の薄い瞼への刺激を抑えることができます。

 

また、コラーゲンの生成を助けるリフトアップ成分としてよく見かける「レチノール」がありますが、レチノールは人によっては刺激に感じることもあるため、特にデリケートなまぶたや目元の化粧品としてはレチノール入りの化粧品は当サイトとしてはおすすめしていません。

成分以外にまぶた・目元のリフトアップで気を付けること

まぶたや目元の皮膚は、顔の皮膚の中でも特に薄く、皮脂腺も少ないためとても乾燥しやすい部位です。

 

それなのに、目は一日数万回もまばたきをしていますし、起きてから寝るまで私たちは一日中目を使います。また、まぶたや目元はそれ以外の部分よりずっとメイクによる負担を受けています。

 

つまりまぶたや目元の皮膚は、乾燥しやすくたるみやすい条件が既に揃っているにも拘わらず、常にたくさんのストレスを受けているんですね。

 

なので、上記のようなリフトアップ化粧品を目元に付ける際も、瞼の皮膚を必要以上に引き延ばしてしまうマッサージのような負担はなるべくかけずに、指の腹で優しく肌を温めながら浸透させるつもりで付けると良いでしょう。

 

顔の中で一番贅沢なケアを必要としているのがまぶたなのです◎

 

瞼のたるみのリフトアップケア化粧品は優しさ&効果にこだわって選びましょう♪

 

 瞼にハリが?!リフトアップ化粧品ランキングに戻る!