リフトアップ 化粧品 レチノール

レチノール入りの化粧品は顔のリフトアップ効果ある?

レチノールは化粧品に配合される美容成分として注目されています。

 

レチノールは大まかに言えば「ビタミンA」のことで、肌に塗ることで
 ターンオーバーを促進
 コラーゲンやエラスチンの生成を促進
するなどの効果があるとされています。

 

そのため、シワやたるみ、シミ、ニキビ痕など様々な肌トラブルに効果があると期待されているんですよ。

 

結論から言うと、レチノールには顔のリフトアップ効果も期待できるとされています。レチノールには肌のコラーゲンやエラスチンなどの弾力成分生成をサポートする作用があるため、肌にハリを出してたるみを改善することができるということなんですね。

 

ここではそんなレチノールが配合された化粧品のリフトアップ効果の期待値や、リフトアップ効果を出すためのコツなどについて解説していきたいと思います。

レチノール入りの化粧品のリフトアップ効果はこうやってゲット!

レチノールは、美容皮膚科などで処方されることもある美容成分です。病院で処方されるレチノールは濃度が高い分、高い効果も期待できるのですが、副作用などの心配もあります。

 

これに対して、レチノール入りの化粧品は「医薬品」ではないため、リフトアップ効果の出方も穏やかで、肌への影響も限定的と言えるでしょう。

 

そのため、「レチノール入りだから!」と劇的なリフトアップ効果を期待すると、がっかりしてしまうこともあるかもしれません。

 

なので、レチノール入りの化粧品でリフトアップ効果を狙うなら、他の化粧品と同じように、継続して使用することが効果を得るためには大事です。まずは肌のターンオーバーの目安である28日程度使用してみてお肌の状態をチェックしてみるのをおすすめします。

 

継続して使用して、肌表面が滑らかになり、弾力がアップしてリフトアップ効果が表れてくるのを期待しましょう♪

リフトアップ効果を高めるなら、こんなアイテムがおすすめ&注意点

レチノール入りの化粧品をせっかく使うなら、「クリーム」がおすすめです。

 

レチノールは脂溶性の物質なので、水分が成分の大部分である化粧水には低濃度でしか配合できないのです。一方、油性のアイテムであるクリームならレチノールとの相性も良く、保湿力も高いのでリフトアップ化粧品としてぴったりと言えます。

 

このように、レチノール入りの化粧品はリフトアップ効果も期待できるので試してみる価値は充分にあります。

 

が、初めてレチノール入りの化粧品を使う際、人によっては皮膚に刺激を感じる方もいるようです。

 

まずはパッチテストをして、少量ずつ使用しながら肌の様子を観察してみてくださいね。問題がないようなら、続けて使ってみてリフトアップ効果を狙ってみましょう◎

レチノールの刺激が気になる方は肌に優しいリフトアップ化粧品を

実際、レチノールでは刺激になってしまうため泣く泣くレチノール入りのリフトアップ化粧品を諦めるという方も少なからずいらっしゃるため、最近の化粧品ではレチノールではない成分でリフトアップ効果を得るものも多く登場しています。

 

例えばどんな成分があるかというと、
 CVアルギネート(あの人気化粧品に配合!)
 プロテオグリカン(あの注目美容液にも配合!)
などが挙げられます。

 

いずれも、肌にとても優しく、コラーゲンなどの生成を助けてくれる成分ということでとても注目されている成分です。

 

選択肢の幅を賢く広げて、自分の肌に合ったリフトアップ化粧品を見つけたいですね♪