リフトアップ 化粧品 30代

30代におすすめのリフトアップ化粧品てどんなの?

30代はお肌の「ハリ」に少しずつ変化が表れてくる年代です。

 

「ほうれい線が目立つ?」「フェイスラインがもたついてきた?」そんな小さな変化が気になるようになったら、肌のハリが低下してきた証拠です。

 

早めにリフトアップ化粧品でのお手入れを始めましょう♪

低刺激であること!

そんな30代におすすめのリフトアップ化粧品のポイント1つ目は、「低刺激」な化粧品かどうかです。

 

お肌に合わないリフトアップ化粧品を使用すると、肌に微細な炎症が起き、バリア機能が低下してしまいます。その状態が続くとキメが乱れ、肌のハリが低下してしまうため、せっかく高機能な化粧品を使っても意味がなくなってしまうんですね。

 

お仕事や子育てなど、活躍の場も広がることからストレスにさらされる機会も多い30代のお肌には低刺激なリフトアップ化粧品がおすすめ。

 

お肌を優しく潤おして角質層の弾力をアップさせることで30代のお肌にリフトアップ効果をもたらし、気になるもたつきやほうれい線を改善することができます。

刺激になりにくい成分を使った化粧品

具体的には防腐剤やアルコール、合成界面活性剤などが配合されていないリフトアップ化粧品を選ぶのがおすすめです。

 

また、植物成分や温泉水などが配合されたリフトアップ化粧品も肌馴染みが良く、低刺激なのでおすすめです。

炎症を防ぎながらケアをする化粧品

また、低刺激なだけでなく、積極的にお肌の微弱炎症を防ぎながらスキンケアをすることのできる化粧品も登場しています。

 

基礎化粧品では、例えば「ディセンシア アヤナス」は、疑似的な角層を作ってお肌のバリアを作りながら炎症を抑える成分で肌の状態を整え、ハリアップ・リフトアップを図っていきます。

 

また、美容液では例えば「トワエッセ」は、人工被膜でお肌をコーティングして保護しながら美容成分をじっくり浸透させるというアプローチの化粧品です。

潤いが続く!

30代のたるみは乾燥を原因とする場合も多いようです。

 

20代と比べて乾燥が進む30代の肌では、肌の保水力・免疫力が低下し、ターンオーバーが乱れがちになってハリが失われていくのですね。なので、お肌の潤いを持続させるということがとても大事になるのです。

 

肌の潤いを保つことで、リフトアップ効果などの美容成分の効果を持続させることができるのと同時に、たるみの大敵の紫外線などの外部刺激によるダメージを軽減させることもできます。

成分のおすすめはセラミド!

保湿力を高めるための美容成分としては、水分を抱え込んで保持する性質のある『セラミド』配合のリフトアップ化粧品がおすすめです。

 

特に、私たちの肌に存在するセラミドと同じ型の「ヒト型」セラミドで、分子量が小さい「ナノサイズ」で配合されている化粧品が良いでしょう。

 

ヒト型ナノセラミドが配合された化粧品のおすすめとしては、ディセンシア アヤナスなどがあげられます。

お肌にバリアを作る機能もおすすめ!

また、肌に潤いの膜を作って保湿力を持続させるタイプのリフトアップ化粧品も30代のリフトアップケアアイテムとしておすすめです。

 

美容液トワエッセなどは、まさにお肌をコーティングして保湿していくタイプのリフトアップ化粧品なので、検討してみると良いかもしれません。

30代のケアが今後のお肌を決めます!

以上、30代におすすめのリフトアップ化粧品のポイントを2つご紹介しました。

 

30代のうちに自分の肌に合ったリフトアップ化粧品でお手入れすることで40代、50代のお肌が変わってくるとも言われています。それくらい、30代のスキンケアは重要なんですよ。

 

長く使えるお気に入りのリフトアップ化粧品に出会えると良いですね!

 

リフトアップ化粧品ランキングに戻る!